イギリスとロシアの動き 元ウクライナ大使 馬淵睦夫さん

スポンサードリンク

さて、最近いろいろ動きがありますよね。

あの原田武夫さんは以下で潮目が変わったと言ってますた。

日ロ首脳会談。
中身はゼロ、なんも進展しなかったと言われてますが。
それは表向きの話です。

裏では色々話し合われたのでしょう。
何かが動く時はロシアが動くと言ってましたね。

で、2月下旬に米朝首脳会談が行われます。

以下は去年のニュースですが、なんでイギリス?
なんでまた、イギリスが自衛隊と合同演習やってんの?

イギリスはブレグジットとかなんとかで忙しいはずでは?
なんで極東アジアで合同軍事演習やってるんでしょうか。

日英が合同でやるのは初だそうです。

不思議に思わないでしょうか。

原田武夫さんはファーウェイはMI6って言ってますた。
中国の裏はイギリスということです。

では、なぜイギリスの軍艦がやってくるんでしょうか?

もし今後、中国vs米英という図式になるのなら
両陣営にイギリスがいるということになってしまいます。

で最近、以下の方を知ったのですが。
この人、凄いこと言ってますね。

原田武夫さんもそうですが。
外交官さんというのは、リアルに現場で真実を知ってしまうのでしょう。

この馬渕睦夫さんという方は元ウクライナ大使だそうです。

つぁぁあ。
元大使が、こんなこと言っちゃっていいの?


第1回「世界を統治する者との最終戦争が始まる!」


第2回「日本解体!ディープステートによる日本のグローバル化、その尖兵としての霞ヶ関官僚」

調べると馬淵さんはこんな方でした。

Wiki 馬渕睦夫

京都府船井郡八木町日置出身。八木町立富本小学校、福知山市立大江中学校、京都府立園部高等学校第16回を経て、京都大学法学部3年次在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年(昭和43年)に外務省入省。

研修先であったイギリスのケンブリッジ大学経済学部に入学し、1971年(昭和46年)に卒業。

外務本省では、国際連合局社会協力課長(1984年-1986年)、大臣官房文化交流部文化第一課長、東京都外務長(1995年-1997年)などを歴任。

在外では、在英国日本国大使館、在インド日本国大使館、在ソビエト連邦日本国大使館、在ニューヨーク日本国総領事館に勤務し、EC代表部参事官(1989年-1991年)、在イスラエル日本大使館公使(1991年-1995年)、在タイ日本大使館特命全権公使(1997年-2000年)を務めた。

2000年(平成13年)に特命全権大使キューバ国駐箚に就任。2003年(平成15年)5月には財団法人国際開発高等教育機構専務理事に就任[4]し、2005年(平成17年)より駐ウクライナ兼モルドバ大使を3年間務め、2008年(平成20年)11月、外務省退官。同月防衛大学校教授に就任し、2011年(平成23年)3月、定年退職。

錚々たる経歴の方です。

馬渕さんは動画でこう言ってます。

アメリカの正体は全く理解されてない。
今、ナショナリズムとグローバリズムの戦いが起きてる。

ディープステートとは、ウォール街を中心とした勢力だ。

そして、トランプがメディアを攻撃にすることによってそれをあぶり出した。
そして本来のアメリカ人にアメリカを取り戻そうとしている。

そして、イスラエルも2つの勢力がある。
ナショナリズムとグローバリズムで分かれてる。

トランプはイスラエルのナショナリスト(民族ユダヤ)と組んでる。

第二次世界大戦はやらせだった。

そして戦後のソ連とアメリカの冷戦もやらせ。八百長だった。
ディープステートがやってた。

例えば、以下の第二次世界大戦後の不可思議な現象は誰も説明できない。

朝鮮戦争当時の力関係で言えば、
その当時の中国共産党軍にアメリカ軍が負ける訳がなかった。

マッカーサーが中国共産党軍が押し寄せた時、
朝鮮半島の鴨緑江(おうりょくこう)にかかった橋を爆破する作戦の許可をワシントンに打診したら、

ワシントンはそのような戦線を拡大するような命令は、イギリスの許可がないとできない。
と答えたという。
それは、ちゃんと正式な記録に残っている。

その当時、イギリスがイエスと言わない限りアメリカは重要な作戦が立てられなかった。

世間一般では第二次世界大戦後は、覇権はイギリスからアメリカに映ったと言われてるが、
なんのことはない覇権はイギリスにあるままだった。

イギリスのシティとアメリカのウォール街は同じ勢力なのだ。
そういうディープステートがシナリオを立てて朝鮮戦争を作ってた。

そして、東西冷戦というが、事実は、ロシアのスターリンがアメリカに協力していた。

例えば、国連の安全保障理事会で国連軍を作る時、スターリンのソ連は欠席した。
つまり黙認したのだ。

こう考えると、一体東西冷戦ってなんだったんだ?
という話になる。

つまり、その当時、ソ連のスターリンやアメリカのルーズベルトを操ってた存在がいたのだ。
ディープステートが世界をコントロールしてやらせ、八百長の戦争をやってる。

他にもロシア革命にも言及してます。

今までロシア革命の真実が隠されて来た。
実は、共産主義者が革命を起こしたとかなんとか言ってるが、
実際はユダヤ系の革命家がその革命を乗っ取ったのがロシア革命をだった。

その革命勢力はその当時のロシア人を大量殺戮した。

ヒトラーが大虐殺したとかなんとかではなく、
ロシア革命をやった連中がユダヤ人を大虐殺したのだ。
この事実を連中は広めたくない。

人類史上最悪の悪者をヒットラーにしたて、本当のことは世界から隠されて来たのだ。

ロシア革命を背後から応援した勢力が今現在もメディアもすべて牛耳ってる。

これが、そんじょそこらの評論家が言うんじゃなく、
元ウクライナ大使が言ってるんですからね。

これは黒い教皇と言われたアルバート・パイクさんです。

世界を統一するには3度の世界大戦が必要だ。
そんな有名な言葉を残してます。

このことはこのブログでずーっと前から書いてます。
最近は、多くの人が知るようになってますが。

今、イギリスが両陣営の裏で蠢いてる。

ならば近々、何かが起きる?
ちょっとこれ以上の詳細は表では書けない話です。

本当にありがとうございますた。


直近イベント:
玉蔵&山田貢司 トークライブ in神戸 7月27日(土)

メルマガ始めました:
2019/7/17 裏天皇と南北朝の秘密その1 明治天皇すり替え論

ショップ情報:
国産精麻 1200円

新刊連動ブログ:
久しぶりの有望ICO MIDEX

スポンサードリンク

↓1日1回応援クリック

LINE版 黄金村 隊員連絡網始めました(笑)
友だち追加
↓このブログの新刊がAmazonで発売開始になりました!!

この記事をシェアしてヒャッハー!しよう